キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとカードローンは、金融会社からお金を借りるという点においては同じですが、実際には違うサービスです。しかし、最近ではキャッシングとカードローンの違いは曖昧になってきており、金融会社によってはネーミングの違う同じサービスというような形で提供されている事もあります。

 

キャッシングとカードローンはどう違うのでしょうか?
キャッシングは、キャッシュカードやクレジットカードを使って現金を引き落とす事です。返済する時は一括で行なうのが前提のため、少額での融資が基本となっています。金融会社によっては分割返済できるところもあります。

 

カードローンは、一定範囲のまとまった金額を融資してもらい、その範囲内で銀行口座を解して繰り返し借金ができます。融資額の上限は大抵の場合500万円ほどです。キャッシングに比べて高額融資してもらえるので、家や自動車といった大きな買い物をする時に利用しやすい商品です。返済方法は、融資額が大きいため分割払いが基本です。

 

違いはこのようになっているものの、キャッシングの返済方法に分割返済が出てきたこと、カードローンでも少額融資が可能になっているため、厳密な定義の違いというのは最近ではなくなってきています。金融会社でも商品名として使い分けているだけということが多いので、あまり違いを気にする必要はないといえます。ただ、キャッシングにしろ、カードローンにしろ、商品内容はよく確認した方がいいでしょう。

すぐにお金が必要になった時に便利なサービス

お金がすぐに必要になるという状況は、多々考えられます。銀行が開いている時間であれば、自分の持つ銀行口座からお金を引き落とすことが出来ますが、深夜や早朝などでは、それも行う事が出来ませんし、場合によっては銀行の店舗やATMが無いという場所もあります。


そんないざという時に便利なのがカードローンやキャッシングサービスです。 申し込みを行なった時間などにもよりますが、申し込みを行なったその日の内に借り入れが可能というサービスを行っている業者も多く存在しています。


キャッシングを利用するというと、以前は、店舗窓口や無人契約機などを訪れなければなりませんでした。しかし、最近ではインターネットを利用することによって、簡単に申込みから借り入れまでを行う事が出来るようになりました。


借り入れを行なう際には、審査を受ける必要がありますが最短融資では30分ほどで審査が終了し、そこ後すぐに指定した口座へお金の振込みが行なわれる場合もあります。すぐに返済することが出来れば、利息も微々たる金額ですので、利用の仕方によっては非常に便利なサービスです。